リノ・エステート > リノ・エステートのスタッフブログ記事一覧 > 相続した家が空き家に!管理方法や空き家を放置するデメリットなどをご紹介

相続した家が空き家に!管理方法や空き家を放置するデメリットなどをご紹介

≪ 前へ|賃貸経営で気を付けたい家賃滞納・騒音・ゴミ出しに関するトラブルを解説!   記事一覧   リフォーム済み中古物件の購入と購入後のリフォームについての比較|次へ ≫

相続した家が空き家に!管理方法や空き家を放置するデメリットなどをご紹介

相続した家が空き家に!管理方法や空き家を放置するデメリットなどをご紹介

「空き家を相続したけどどうすればいいかわからない」という方はいませんか?
この記事では、相続した空き家の管理方法から、放置するデメリットまで解説していきます。
解決策もご紹介しているので、最後まで読めば、自分が持っている空き家をどう扱えば良いかがわかります。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

相続した空き家の管理方法

相続した空き家の管理方法

相続した空き家で気になるのが、管理方法です。
一体どのように管理していけば良いのでしょうか?
これから5つの観点に分けて解説していきます。

換気

1つ目にしなければいけない点は、換気です。
家が老朽化する主な原因は、換気不足による湿気になります。
家を放置していると、勝手に湿気が溜まっていき、その湿気が壁や柱を腐らせていくのです。
そのため、老朽化を防ぐために定期的に換気をおこなうことが求められます。
換気をおこなう際の注意点は、湿気の溜まりやすい部分をチェックしておくことです。
靴箱やクローゼットなどは湿気がこもるので、換気できているか入念に確認しておきましょう。

通水

2つ目は通水です。
なぜなら、水道を使わずに放置していると、水道管が錆びて破裂してしまう恐れがあるからです。
最悪のケースでは、破裂した水道管からネズミや害虫が入ってくることもあります。
そのようなことを防ぐためにも、定期的な通水確認が必要です。
確認する際には、水の色をよく確かめましょう。
水が赤茶色になっていたら、水道管に異変がある証拠なので、気を付けてください。

雨漏り

3つ目は雨漏りです。
もし雨漏りしていたら、空き家は大変なことになってしまいます。
放置しておくと、壁や畳がカビだらけになってしまうからです。
雨漏りしているかどうかは、壁紙の剥がれや、天井のシミなどで見極めることができます。
とはいえ、気を付けていても雨漏りの兆候を見つけることは難しいです。
雨漏りを発見した時点でかなり進行が進んでいるという事もありえます。
そのため、少しでも早く見つけるために、こまめにチェックすることが重要です。

掃除

4つ目は掃除です。
空き家でも、掃除を怠ってはいけません。
とくに庭の手入れを怠ると、害虫の発生源となり、近隣トラブルにもつながります。
また、家の敷地からはみ出して生えた草や木は、勝手に切ることができません。
こちらも近隣トラブルになる恐れがあります。
トラブルを未然に防ぐためにも、こまめに空き家の掃除をおこなっておくようにしましょう。

防犯の確認

5つ目は防犯の確認です。
空き家は、犯罪の温床になってしまうパターンがよく見られます。
なぜなら、人が住んでいないので、どうしてもセキュリティが甘くなってしまうからです。
あなたも、不良の溜まり場になっている空き家を見たことはありませんか?
一度侵入を許してしまうと、その後も荒らされ続ける可能性が高いです。
また、放火されてしまうなんて事もあります。
大事な資産を守るためにも、セキュリティ面はしっかりしておきましょう。

相続した家を空き家のまま放置するデメリット

相続した家を空き家のまま放置するデメリット

空き家を管理する際にどのような部分に着目すれば良いかがわかりました。
続いて、空き家を放置するデメリットについて解説していきます。
デメリットは6つです。

価値が下落する恐れ

1つ目は、空き家の資産価値が下落するリスクです。
空き家を放置しておくと、価値が下落してしまう恐れがあります。
なぜなら、放置しておくと老朽化が進み、家の機能が損なわれてしまうからです。
たとえば、フローリングや家具が傷んだり、畳の腐食が生じることがあります。
蜂の巣ができてしまうなんて事もあるでしょう。
このように、空き家を放置すると、資産価値が落ちてしまうデメリットがあります。

所有者責任

2つ目は、所有者責任リスクです。
空き家には、所有者責任というものが課せられます。
所有者責任とは、建物による事故が発生した時に、その建物に問題があった場合、所有者に過失がなくても責任が問われるというものです。
たとえば、ブロック塀が崩れて他人を怪我させてしまった場合、わざとでなくても所有者は責任を取らなければいけません。
つまり、老朽化した空き家を持っているだけで、慰謝料を払うリスクを背負っているということになります。

特定空き家

3つ目は、特定空き家に指定されることです。
特定空き家とは、空き家法によって指定される危険な状態の空き家を指します。
特定空き家に指定されると、最終的には取り壊されます。
しかも、取り壊し費用は所有者負担です。
つまり、特定空き家に指定されると、資産を失うだけでなく、取り壊しの出費も必要になるということになります。

固定資産税

4つ目は固定資産税です。
空き家は、持っているだけで固定資産税がかかります。
税率はほとんどの地域で1.4%ですが、自治体によって異なる場合もあります。
つまり、空き家を保持しているだけで毎年お金が出ていくということです。

管理費用がかかる

5つ目は、管理費用です。
自分たちで管理するのが大変という場合は、管理会社に委託することもあるでしょう。
その場合、どの会社を利用しても平均すると、月々5,000円から1万円程度かかります。
毎月それだけの額がかかってくると考えると、大きなデメリットです。

住宅用火災保険に入れない

6つ目は、住宅用火災保険に入れないことです。
多くの火災保険では、空き家は加入できません。
なぜなら火災になるリスクが高いからです。
元々住んでいて、空き家になった場合でも、保険料は支払われませんので、注意しましょう。

相続した家を空き家にしないための解決策

相続した家を空き家にしないための解決策

最後に、相続した物件を空き家にしないための解決策をご紹介します。
解決策は、主に3つです。

解体

1つ目は、解体です。
税制上のメリットはありませんが、犯罪にさらされたり、所有者責任のリスクを背負いたくないという方は、解体がおすすめになります。
解体することで、空き家を保有する悩みをなくせます。
ただ、解体にはある程度の費用がかかるのと、固定資産税が増えてしまうリスクがあることを念頭に置いておかなければいけません。

売却

2つ目は売却です。
基本的に空き家を売却する場合は、不動産業者に買い取ってもらうことになります。
なぜなら、多くの場合、空き家には不動産としての価値がないからです。
不動産業者は、安く空き家を買い取ってリフォームなどをおこない、賃借人を入居させて利益を生み出します。
買取金額は安いことが多いですが、お金をもらってリスクを捨てることができるので、悪くない選択肢と言えるでしょう。

リフォーム

3つ目はリフォームです。
リフォームをおこなって、自分が住む、あるいは、賃貸物件にする方法になります。
ただ、リフォームには費用の準備が必要です。
すぐに用意できない場合は、リフォームローンを検討する必要があるでしょう。
自治体によっては、助成金や補助金を受け取る事もできます。
リフォームを行えば、新しく不動産を購入するよりも安く住めることが多く、比較的短期間で住み始めることが可能です。
ただ、空き家が重度に傷んでいる場合は、リフォーム費用だけで何百万円もかかることもあるので、見積もりをしてから決めるようにしましょう。

まとめ

相続した空き家を放置しておくことは、かなり多くのデメリットがあります。
できれば、土地ごと売ってしまって現金化するか、リフォームや買取に出すのが良いでしょう。
もしできない場合は、大変にはなりますが、上記でご説明したような管理が必要です。
実際に空き家の管理や売却などをおこなう際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸経営で気を付けたい家賃滞納・騒音・ゴミ出しに関するトラブルを解説!   記事一覧   リフォーム済み中古物件の購入と購入後のリフォームについての比較|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 商品券プレゼント
  • 住宅購入サポートキャンペーン
  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • Instagram
  • 会社概要

    会社概要
    リノ・エステート
    • 〒814-0132
    • 福岡県福岡市城南区干隈1丁目16-14
      トライアンビル102号室
    • TEL/092-980-6620
    • FAX/092-980-6623
    • 福岡県知事 (1) 第18907号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


ファーストタウン 若木台6丁目

ファーストタウン 若木台6丁目の画像

価格
3,299万円
種別
新築一戸建
住所
福岡県福津市若木台6丁目
交通
東福間駅
徒歩16分

福岡市城南区片江5丁目中古戸建

福岡市城南区片江5丁目中古戸建の画像

価格
3,698万円
種別
中古一戸建
住所
福岡県福岡市城南区片江5丁目
交通
七隈駅
徒歩14分

トップへ戻る