リノ・エステート > リノ・エステートのスタッフブログ記事一覧 > 住みながら不動産を売却するメリットとデメリット

住みながら不動産を売却するメリットとデメリット

≪ 前へ|賃貸経営において重要な空室率とは?空室率の種類や目安を解説   記事一覧   不動産売却の必要書類はどのタイミングでなにを準備すれば良い?|次へ ≫

住みながら不動産を売却するメリットとデメリット

住みながら不動産を売却するメリットとデメリット

不動産を手放す場合、空室にしてからでないと売れないのでしょうか?
ここでは、住みながら売却するメリットやデメリットをご紹介します。
条件や家の状態によっては売れる可能性も高いので、空室か住みながら迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。
注意点も併せて解説しています。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

住みながら不動産を売却するメリット

住みながら不動産を売却するメリット

不動産を売却する方法のひとつに「住みながら売る」があります。
ほとんどの方は空室にしてから売ると思いますが、状況に応じて住みながら売ることも十分可能です。
一見すると不利になりそうな売却方法ですが、コツを知れば意外と高く売ることができます。
ここでは、不動産を住みながら売却するメリットについて解説します。
デメリットばかりではないことを、ぜひ知ってください。

内覧のときに魅力を伝えやすい

住みながら家を売るので、当然内覧のときは生活感がもろに出ます。
しかし実際の生活を見せるということは、「住んでいるイメージがしやすい」という利点に繋がります。
空室だと伝わりにくい魅力や欠点も住みながらならきちんと伝わるので、意外と高額売却になると言われています。
もちろん物件によってさまざまですが、気になる点は買主に直接質問できるので助かるでしょう。
他にも、周辺環境や近隣情報なども住みながらだと伝えやすいのがメリットです。
どんなに魅力的な間取りでも、住んでみると隣人の生活音が気になったり街灯が少なく夜になると周辺が暗いなどのデメリットが出る恐れがあります。
それを回避できるのは不動産を売却するうえで安心でしょう。

コストがかからない

また、コストがかからないという点も挙げられます。
一旦家を売ってから新居を購入する場合、2つのローン返済が必要になります。
金銭的に余裕があれば問題ありませんが、ほとんどの方は大きな負担になってしまいます。
しかし住みながら売る場合、先に売却ができるのでそのお金をローンに充てることができるでしょう。
新居購入の資金に充てたり、引っ越し費用に充てることも可能です。

家が劣化しにくい

また、家の劣化を軽減できるというメリットもあります。
空室からしばらく経つと、どうしても家は劣化してしまいます。
しかし住んだ状態で売るということは部屋の換気が定期的におこなわれているため湿気やカビの繁殖を抑えられます。
せっかく空室にしても、条件が悪くなるとなかなか売却できません。
なるべく早く売りたい方や劣化を防ぎたい方は、住んでいる状態のほうがメリットになりやすいでしょう。

住みながら不動産を売却するデメリット

住みながら不動産を売却するデメリット

一方でデメリットもあります。
むしろ不動産を住んでいる状態で売るのはデメリットしかないと考える方が多いでしょう。
しかし実際は、住みながらでもメリットになることが分かりました。
ここでは、デメリットになる点をご紹介します。

生活感が内覧でマイナスになる

内覧は住んでいる状態でおこなわれるため、どうしても生活感が出てしまいます。
「実際に住むとこんな感じなんだ」とイメージしやすい反面、イメージダウンになる場合があります。
どんなに魅力的な間取りや外観でも、住み方によっては売却できない可能性もあるので注意しましょう。
住みながら不動産を売るときは、部屋の状態を良くしておくことも大切です。
ちなみに、空室は物が置いていないぶん部屋が広く見えやすく、条件が良いとすぐに買い手が見つかると言われています。
とくに日本人は「新築好き」の方が多い傾向にありますから、住みながらではどうしてもイメージダウンしやすいのでしょう。

急な内覧が入る

また急な内覧が入りやすいのもデメリットでしょう。
空室なら好きなときに内覧してもらえますが、住んでいると内覧の予定に合わせて生活しなければいけません。
さらに、内覧の予定が合わないとせっかくの売却機会を逃してしまう可能性もあるので要注意です。

仮住まい費がかかる場合も

不動産を手放すということは、新しい家を探さなければいけません。
すぐに新居が見つかれば良いですが、なかなか決まらない場合、仮住まい費が余分にかかってしまいます。
ですので、そこも考慮して家を売る必要があります。
たとえ短期だったとしても、仮住まいには敷金礼金、家賃がかかってきます。
なかには敷金礼金ゼロのところもありますが、それでも引っ越し費用がかかるなど「ある程度の費用」が必要です。
空室にしてから売るのが良いのか、住んでいる状態で売るのが良いかは個々によって変わってきます。
新居が決まるまでの期間が延びるほど出費も増えるということを十分理解しておきましょう。

住みながら不動産を売却するときの注意点

住みながら不動産を売却するときの注意点

ここでは、不動産を住みながら売却するときに気を付けたい注意点をご紹介します。
また「こうすると売れやすくなる」という点も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

こまめに掃除をする

空室だと分かりにくい点も、住んでいる状態だと生活感がイメージダウンに繋がることが分かりました。
だからこそ、生活感をプラスに働かせる必要があります。
そのためには「こまめに掃除をする」ことが大切です。
とくに意識したいのは「におい」「水回り」「小さな子どもがいる」場合などです。
家庭によってにおいはさまざまです。
なかでもペットを飼っている方や喫煙者がいる家はにおいが染みつきやすいので、定期的に換気をしてにおい残りを防ぎましょう。
消臭剤を置いておくのもポイントです。
芳香剤は好みがあるため、使用する場合はなるべく万人受けするような香りを選んでください。
できれば内覧の30分前には換気をし、空気の入れ換えをしておくと良いでしょう。
暖かい季節なら窓を開けっぱなしにしておいても問題ありませんが、花粉症の方がいる場合は要注意です。

手入れは怠らない

生活感が出すぎてしまうと売却に影響してしまうため、手入れ怠らないようにしてください。
とくに水回りは意識して掃除し、フローリングや壁に目立つ傷がある場合は修繕しておくことも大切です。
小さいお子さんがいるとどうしても部屋が汚れやすいので、室内清掃を依頼するのも良いでしょう。
綺麗な状態は好印象にもなるので、将来的に家を売ろうと考えている方は日頃から定期的に手入れしておくといざというときでも安心です。

不用品は処分する

不要なものは部屋を狭くさせてしまいますから、内覧のタイミングで処分しておきましょう。
不要なものがないだけで部屋を広く見せることができますから、どうしても処分できないものでも段ボールに詰めて倉庫などに保管しておくだけでもずいぶん違います。
基本的に、不動産は「見栄えを整える」ことが重要になります。
とくに住んでいる状態で売る場合は掃除に気を使ったり湿気やカビ対策、余計なものを置かないなどの対策が欠かせません。
物件自体は良くても部屋の雰囲気で売れなくなるケースは少なくないので、意識しておきましょう。

高く売るポイント

部屋の状態も大切ですが、中古物件を高く売るためには立地条件や築年数、市場の流通なども影響してきます。
5年未満の新築ほど当然高く売れやすく、立地条件が良いことも好物件になります。
また過去の取引事例なども重要になってくるでしょう。
どんなに築年数が短くても、近隣で事件が遭ったような物件は売れにくいので注意してください。
立地条件・築年数・周辺観光・市場流通すべてをクリアしている物件は少ないですが、少しでもスムーズに、短期間で高く売りたい方は確認しておくと安心です。

まとめ

いかがでしょうか?
不動産を住みながら売却する場合、気を付けばければいけない点が多いことが分かりました。
また意外とメリットがあることも分かったので、「家の状態」を良くしていれば売れないことはないでしょう。
不動産を住みながら売却する場合、気を付けなければいけない点が多いことが分かりました。
また意外とメリットがあることも分かったので、「家の状態」を良くしていれば売れないことはないでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸経営において重要な空室率とは?空室率の種類や目安を解説   記事一覧   不動産売却の必要書類はどのタイミングでなにを準備すれば良い?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 商品券プレゼント
  • 住宅購入サポートキャンペーン
  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • Instagram
  • 会社概要

    会社概要
    リノ・エステート
    • 〒814-0132
    • 福岡県福岡市城南区干隈1丁目16-14
      トライアンビル102号室
    • TEL/092-980-6620
    • FAX/092-980-6623
    • 福岡県知事 (1) 第18907号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


ファーストタウン 若木台6丁目

ファーストタウン 若木台6丁目の画像

価格
3,299万円
種別
新築一戸建
住所
福岡県福津市若木台6丁目
交通
東福間駅
徒歩16分

ファーストタウン 東区和白丘2丁目 新築戸建て

ファーストタウン 東区和白丘2丁目 新築戸建ての画像

価格
3,480万円
種別
新築一戸建
住所
福岡県福岡市東区和白丘2丁目
交通
和白駅
徒歩14分

トップへ戻る