リノ・エステート > リノ・エステートのスタッフブログ記事一覧 > アパートやマンションに防犯カメラを設置すると良い理由は?

アパートやマンションに防犯カメラを設置すると良い理由は?

≪ 前へ|賃貸併用住宅とは何か?メリットとデメリットを解説   記事一覧   ユニットバスを分離して物件の入居率を上げるコツ|次へ ≫

アパートやマンションに防犯カメラを設置すると良い理由は?

アパートやマンションに不審者が侵入するのを防ぐために、近年では各物件で防犯対策が取られていると思います。


この記事では、物件のオーナーに向けて防犯カメラの必要性を解説していきます。

 

アパートやマンションに防犯カメラを設置すると良い理由は?


アパートやマンションに防犯カメラを設置するメリット


まず、アパートやマンションに防犯カメラを設置すると、犯罪を防げるメリットがあります。


特に、オートロックではない物件ですと、どこからでも不審者が入れてしまうので、空き巣や駐輪場に置いている自転車の盗難被害が発生する可能性があります。


その際に、防犯カメラを付けていると、犯罪が起こった際に犯人の特定につながります。


また、オートロック物件でも昨今は空き巣や盗難が起こっているため、防犯カメラを付けておくメリットがあります。


アパートやマンションは、不特定多数の人が出入りするので、犯罪が起こりやすい場所です。


空き巣以外にも、ストーカーや変質者が侵入して入居者に危害を与える事態も考えられるので、カメラを設置して監視できる体制をとると入居者は安心ですよね。


また、オーナーが遠方に住んでいる場合、緊急時に現地まで行かずとも遠隔で入居者の様子を確かめられることもメリットです。

 

アパートやマンションに防犯カメラを設置する注意点


アパートやマンションに防犯カメラを置く際には、


・入居者のプライバシーに配慮する。

・設置場所と方法を工夫する。


の注意点があります。


まず、オーナーは入居者のプライバシーを保護する必要があります。


防犯カメラは犯罪を阻止するために設置される物ですが、置く場所を間違えてしまうと入居者のプライバシーを侵害してしまいます。


そのため、アパートやマンションの専有部分(個室)には置かず、共有部分に付けることにします。


また、オーナーは撮られている映像を管理する際に、他者へ流出しないように気をつける必要があります。


次に、設置場所と方法の注意点ですが、上記で述べたように必ず共有部分にカメラを付けることが大切です。


なかでも、エントランスや駐輪場、駐車場、ゴミ捨て場は犯罪が起こりやすい場所なので、この辺りに設置をすると良いでしょう。


また、カメラを設けても、外部の人にわかる形で置いてしまうと犯罪を防げません。


そのため、四隅のわかりにくい場所にぼかすように設置することで、外部から目立ちにくくなります。


以上が、オーナーが防犯カメラを設置するときに知っておくべき注意点です。

 

まとめ


アパートやマンションを犯罪から守るには、防犯カメラをつけるとメリットが大きくなります。


入居者の安全を第一に考えて、住みやすい環境を提供していきましょう。


株式会社リノ・エステートは、福岡市城南区エリアで一戸建て住宅などの売買物件を多数取り扱っております。

 

不動産についてなにかお悩みでしたら、お気軽にご相談ください

≪ 前へ|賃貸併用住宅とは何か?メリットとデメリットを解説   記事一覧   ユニットバスを分離して物件の入居率を上げるコツ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 商品券プレゼント
  • 住宅購入サポートキャンペーン
  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    リノ・エステート
    • 〒814-0144
    • 福岡県福岡市城南区梅林5丁目21-38
    • TEL/092-980-1868
    • FAX/092-980-1899
    • 福岡県知事 (1) 第18907号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る