リノ・エステート > リノ・エステートのスタッフブログ記事一覧 > 月極駐車場とコインパーキングの所得税の違いが知りたい!

月極駐車場とコインパーキングの所得税の違いが知りたい!

≪ 前へ|不動産投資をする物件のキャップレートを知っておこう!   記事一覧   賃貸併用住宅とは何か?メリットとデメリットを解説|次へ ≫

月極駐車場とコインパーキングの所得税の違いが知りたい!

駐車場運営を考えている方は、月極駐車場とコインパーキング、どちらの形式にするか迷われることが多いのではないでしょうか。

 

両者は、所得税の扱いに違いがあるので、この記事で詳しく解説していきます。

 

月極駐車場とコインパーキングの所得税の違いが知りたい!


月極駐車場とコインパーキング:所得税はどう違うの?

 

月極駐車場とコインパーキングは、運営をして得たお金の所得の種類が異なります。

 

まず、月極駐車場は不動産所得です。

 

これは、不動産を駐車場として運用しているとみなされています。

 

不動産所得と認められるため、青色申告をすることが可能です。

 

なお、駐車場の規模が50台以上であれば、青色申告特別控除が適用されて65万円の控除を受けられます。

 

また、50台以下であっても10万円税金から控除されます。

 

一方、コインパーキングの所得の種類は、事業所得または雑所得です。

 

コインパーキングのなかでも、50台以上の車室があれば事業的規模としてみなされて、事業所得に分類されます。

 

反対に、50台以下の車室を持つ場合は雑所得とみなされます。

 

コインパーキングの場合でも、事業所得とみなされれば、青色申告特別控除の対象なので65万円の控除を受けられます。

 

しかし、事業所得でなければ、控除を受けることはできません。

 

このように、両者は所得の種類に違いが見られるため、税金の取り扱いも異なっていきます。

 

月極駐車場とコインパーキング:所得税の計算式

 

上記で挙げた青色申告の計算式は、下記のとおりです。

 

・所得金額=賃貸収入必要経費青色申告特別控除(10万円、65万円)

 

また、両者の所得税は、損益通算によって計算をします。

 

損益通算とは、不動産投資で生じた赤字を給与所得から控除する方法です。

 

駐車場の損益通算については、土地を購入するための借入金利子の計算方法に違いがあります。

 

まず、月極駐車場は給与所得をはじめ、他の所得からの控除ができません。

 

これは、所得の種類が不動産控除に分類されるからです。

 

そのため、所得税を減らすことができないということを覚えておきましょう。

 

一方、コインパーキングは規模によって損益通算の可否が決まります。

 

具体的には、事業的規模(事業所得)であれば損益通算が可能で、それ以外(雑所得)の場合は損益通算ができません。

 

事業所得の場合は損益通算ができるので、所得税が減額されます。

 

これにより、給与から天引きされた源泉所得税の一部が還元される仕組みです。

 

全額ではないものの、税金が戻ってくると嬉しいですよね。

 

まとめ

 

月極駐車場とコインパーキングは、所得税の種類と計算式に違いがあります。

 

どちらが適しているかを考えて、土地を有効に活用していきましょう。

 

株式会社リノ・エステートは、福岡市城南区エリアで不動産を多数取り扱っております。

 

なにかご不明点などありましたら、お気軽にご相談ください

≪ 前へ|不動産投資をする物件のキャップレートを知っておこう!   記事一覧   賃貸併用住宅とは何か?メリットとデメリットを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 商品券プレゼント
  • 住宅購入サポートキャンペーン
  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    リノ・エステート
    • 〒814-0144
    • 福岡県福岡市城南区梅林5丁目21-38
    • TEL/092-980-1868
    • FAX/092-980-1899
    • 福岡県知事 (1) 第18907号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る