リノ・エステート > リノ・エステートのスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資の元金均等返済って何?ローンの返済方法です

不動産投資の元金均等返済って何?ローンの返済方法です

≪ 前へ|不動産投資をご検討中の方へ!サブリース契約についてご解説します!   記事一覧   不動産投資をする物件のキャップレートを知っておこう!|次へ ≫

不動産投資の元金均等返済って何?ローンの返済方法です

不動産投資をする際に、元金均等返済という言葉を聞いたことがあると思います。

 

また、よく似た言葉に元利均等返済がありますが、両者はどのように違うのでしょうか。

 

不動産投資を検討している方に向けて、この記事で詳しく解説をしていきます。


不動産投資の元金均等返済って何?ローンの返済方法です


不動産投資の元金均等返済とは?

 

元金均等返済とは、毎月一定の元金を返済していく方法のことをいいます。

 

不動産投資をする際には元金が生じますが、これを返済回数で割って、さらに利息を加えた金額を返済していくのです。

 

わかりやすく述べると、不動産の借入額と利息を合計した額を返済します。

 

これと似た言葉に元利均等返済がありますが、意味合いには違いがあります。

 

元利均等返済とは、元金と利息を合計した返済額が返済期間中一定のものです。

 

特色としては、返済期間の最初は元金がなかなか減らず、利息が占める割合が大きいことです。

 

これに対して、元金均等返済は毎月一定の金額を返済していくので、住宅ローンの総額を早く減らせることが特徴です。

 

より効率的に不動産の住宅ローンを返済したい方に、おすすめの方法です。

 

不動産投資用の物件を元金均等返済とするメリットデメリット

 

不動産投資用の物件を元金均等返済とする場合の、メリットデメリットをご紹介します。

 

まず、メリットは総支払額がだんだん少なくなることです。

 

これは、元金と利息の減りが比例して進むためで、支払いがだんだん減っていき最終的には元利均等返済よりも早く支払いが終わります。

 

元利均等返済は、元金の減りが遅いので総支払額も多くなってしまいます。

 

これを踏まえると、安定した収入がある人や、早くローンの支払いを終えたい人は投資用物件を元利均等返済で支払うのが良いといえます。

 

一方、デメリットは返済を始めた当初の返済額が大きくなることです。

 

最近では、若年層でも不動産投資を始める方が増えてきています。

 

しかし、年配層に比べると収入が少ないので、毎月、多額の返済をするのが難しいケースもあります。

 

そうしたケースでは、元利均等返済しか選べない場合もあります。

 

そのため、若年層で収入が十分でないのであれば、不動産投資用の物件を元金均等返済とするのは、収入に対して高額すぎる返済金額を負う可能性があることがデメリットといえます。

 

上記のメリットデメリットを参考にしつつ、十分にお金を蓄えられる状況で利用するようにしましょう。

 

まとめ

 

不動産投資用の物件を元金均等返済にすると、総支払額が少なくなるので早くローンの支払いを終えられます。

 

メリットデメリットを踏まえながら、まずは自分の資産状況を確かめて、より良い返済方法を選んでみてください。

 

株式会社リノ・エステートは、福岡市城南区エリアの不動産情報を豊富に取り扱っております。

 

不動産に関するお悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談ください

≪ 前へ|不動産投資をご検討中の方へ!サブリース契約についてご解説します!   記事一覧   不動産投資をする物件のキャップレートを知っておこう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 商品券プレゼント
  • 住宅購入サポートキャンペーン
  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    リノ・エステート
    • 〒814-0144
    • 福岡県福岡市城南区梅林5丁目21-38
    • TEL/092-980-1868
    • FAX/092-980-1899
    • 福岡県知事 (1) 第18907号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る