リノ・エステート > リノ・エステートのスタッフブログ記事一覧 > 選ぶ基準は?不動産投資をするなら新築・中古どっち?

選ぶ基準は?不動産投資をするなら新築・中古どっち?

≪ 前へ|福岡市の地域性が不動産投資に与える影響とは?   記事一覧   城南区のこだわりコーヒーショップ!「そふ珈琲」と「珈琲月白」|次へ ≫

選ぶ基準は?不動産投資をするなら新築・中古どっち?

マンション経営や不動産投資には、新築と中古の物件どちらがよりおすすめなのでしょうか。

 

マイホームを購入するときにも問題となる新築か中古かは、不動産投資においても同様の悩み事ですよね。

 

今回は不動産投資をする際に新築と中古どちらを選ぶべきか、それぞれのメリットデメリットをもとに解説します。


不動産投資をするなら


 

不動産投資で悩む方へ 新築と中古それぞれのメリットは?


 

はじめに新築物件へ不動産投資する際のメリットを紹介します。

 

新築物件に投資するメリットはまず新しさです。

 

新築は設備が最新で内装も外観もきれいなので、当然需要が高く空室リスクが下がります。

 

耐震性なども問題なく、リフォーム費用や修繕費用も必要ありません。

 

また金融機関からの融資の受けやすさも、新築の投資物件のほうが有利です。

 

入居率が高いことから安定的な不動産運用を見込まれ、融資も受けやすいのですね。

 

不動産投資において、投資の利回りだけでなくローン戦略は重要です。

 

新築であれば頭金なしでも融資を受けやすいので、自己資本を極力消費せずに利益を上げることができるレバレッジ効果が大きいのです。

 

次に中古物件に関してメリットを見ていきましょう。

 

中古物件に投資する一番のメリットはずばり利回りでしょう。

 

新築と比較して価格も抑えめであることからリスクも少なく、利回りも高くなるので初心者にもオススメです。

 

また新築物件と比較して選択肢も多く立地の良い物件が多いことから、条件の良い物件を選べば入居率も新築には劣りません。

 

さらに、中古物件の場合は事前にその物件の空室状況などをチェックできるのも強みです。

 

不動産投資で悩む方へ 新築と中古それぞれのデメリットは?


 

新築、中古それぞれの投資におけるメリットを紹介してきましたが、次にデメリットを紹介します。

 

デメリットはメリットの裏返しなので、新築で有利な面が中古では不利になり、その逆もしかりになります。

 

たとえば中古物件は利回りが高いことがメリットですが、反対に新築物件のデメリットは利回りの低さです。

 

新築物件は、購入価格が高いことから利回りが低めなのです。

 

さらに、家賃は築年数が経つごとにだんだんと下げる必要があるので、利回りも下がっていくことになります。

 

一方で中古物件のデメリットは、やはり融資の受けにくさでしょう。

 

とくに法定耐用年数を経過している中古物件は、金融機関の融資を受けにくいです。

 

中古物件を選ぶ際は、築浅物件や立地の良い人気エリアを選択するなど、融資のつきやすさを考慮する必要があります。

 

まとめ


 

不動産投資の際に新築と中古どちらを選択するのかは、利回りや入居率、購入費用などを比較して選択する必要があります。

 

そして、不動産投資の経験や知識も大きく関係するでしょう。

 

同じエリアや同条件で新築と中古を迷う場合は、利回りやローン返済計画などを実際にシミュレーションしてみることがおすすめです。


株式会社リノ・エステートは、福岡市城南区エリアで一戸建て住宅などの売買物件を多数取り扱っております。

 

住宅ローンなどでお悩みの方は、お気軽にご相談ください

≪ 前へ|福岡市の地域性が不動産投資に与える影響とは?   記事一覧   城南区のこだわりコーヒーショップ!「そふ珈琲」と「珈琲月白」|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 商品券プレゼント
  • 住宅購入サポートキャンペーン
  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    リノ・エステート
    • 〒814-0144
    • 福岡県福岡市城南区梅林5丁目21-38
    • TEL/092-980-1868
    • FAX/092-980-1899
    • 福岡県知事 (1) 第18907号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る