リノ・エステート > リノ・エステートのスタッフブログ記事一覧 > 空室対策にIoTを導入するメリットとは?

空室対策にIoTを導入するメリットとは?

≪ 前へ|繁忙期前の空室対策におすすめのモデルルーム作りとは?   記事一覧   福岡市の地域性が不動産投資に与える影響とは?|次へ ≫

空室対策にIoTを導入するメリットとは?

賃貸住宅において、空室対策のためにIoTを導入する動きが増えています。

 

暮らしを便利にしてくれるIoTは入居者にとってはもちろんのこと、オーナーにとってもなにかとメリットが多いツールです。

 

loT


 

空室対策でIoTを導入するときの効果とターゲット


 

IoTとは「Internet of Things」の略称で、ドアや家電製品などのモノがインターネットにつながることを指します。

 

これまで手動や個別のリモコンで操作していたモノを、インターネットを通して操作できるようになります。

 

既存の賃貸住宅への導入も可能ですから、空室対策にも効果の見込めるツールです。

 

<若者・単身者がターゲットになる>

 

IoTは若いデジタルネイティブ世代への訴求力が高い設備です。

 

総務省のデータによると2030代のスマートフォン所持率は90%を超えているので、ほとんどの入居者が簡単にアクセスできます。

 

たとえば単身者向けの賃貸物件では、セキュリティを強化するツールの導入が効果的です。

 

ドアや窓の施錠忘れを防止するオートロックや、家電の遠隔操作ができるIoTは、忙しい単身者にとって魅力的なアイテムといえるでしょう。

 

防犯対策として室内カメラのニーズも高まっており、出張など長期不在が多い人の支持を集めています。

 

<子どもやペットがいる世帯にも人気>

 

IoTは操作記録を確認することができるため、ドアの開閉状況を遠隔でチェック可能です。

 

子どもの帰宅時間を管理できるメリットがあるので、共働き世帯をターゲットにできます。

 

また遠隔操作で餌やりができるペット向けツールも登場しました。

 

空室対策で入居条件を変更する(ペット可にする)なら、IoTもあわせて導入することで競合物件との差別化を図れます。

 

IoT導入による空室対策のメリット


 

前項で紹介したとおり、IoTはとくに若年層にニーズがあるツールです。

 

若い世代をターゲットにした物件では、空室対策へ効果が期待できるでしょう。

 

また入退去の激しいワンルーム物件では、入居者が変わるたびに鍵交換のコストがかかります。

 

しかしスマートロックなら、デジタルデータを変更するだけで新入居者への移行が完了します。

 

入居希望者へワンタイムのキーを発行することも容易ですから、管理面においてもメリットが多いです。

 

まとめ


 

空室対策におけるIoT導入の効果やメリットを紹介しました。

 

IoTは空室対策に効果があるだけではなく、管理面でもメリットが多いためおすすめです。

 

IoTを取り入れる際は、どんな層をターゲットにするか意識したアイテム選びをしましょう。


株式会社リノ・エステートは、福岡市城南区エリアで一戸建て住宅などの売買物件を多数取り扱っております。

 

住宅ローンなどでお悩みの方は、お気軽にご相談ください


≪ 前へ|繁忙期前の空室対策におすすめのモデルルーム作りとは?   記事一覧   福岡市の地域性が不動産投資に与える影響とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 商品券プレゼント
  • 住宅購入サポートキャンペーン
  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    リノ・エステート
    • 〒814-0144
    • 福岡県福岡市城南区梅林5丁目21-38
    • TEL/092-980-1868
    • FAX/092-980-1899
    • 福岡県知事 (1) 第18907号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る