リノ・エステート > リノ・エステートのスタッフブログ記事一覧 > マイホームと小学校の距離は近い方がいい?メリットデメリットを確認!

マイホームと小学校の距離は近い方がいい?メリットデメリットを確認!

≪ 前へ|マイホームに子ども部屋は必要?広さはどれくらいがいいの?   記事一覧   早良区で子どもと一緒に楽しめる施設!福岡タワーの営業時間と展望!|次へ ≫

マイホームと小学校の距離は近い方がいい?メリットデメリットを確認!

マイホームを購入しようと思っているファミリー世帯の方のなかには、小学校までの距離を気にする方も多いのではないでしょうか。

お子さんの負担を少なくするためにも学校までの距離はできるだけ短い方がいいと思う方も多いはず。

今回は、小学校との距離は近ければ近いほどいいのか、また近い場合のメリットやデメリットをご紹介します。

是非マイホーム購入時の参考にしてみてくださいね。

小学校の通学路のイメージ画像


マイホームと小学校は近い方がいいのか①距離が近いメリット


具体的にどのぐらいの距離感であれば距離が近いといえるのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。

マイホームと小学校の距離はどれくらいがいいのか、また、距離が近いことによるメリットも合わせてご紹介します。

<マイホームと学校のベストな距離>

マイホームから学校までのベストな距離というのは、ズバリ1㎞ほどだといえます。

1kmを超えてしまうと、徒歩で行くには少し遠く、公共交通機関を使う必要が出てきてしまいます。

そのような距離感では、「近い」とはいえないですよね。

だいたい徒歩15分以内であれば近いと言えるのではないでしょうか。

子どもの足であればもう少し時間がかかるかもしれませんから、その点も踏まえて計算することが大切です。

また後述しますが、逆に近すぎても騒音等の観点から問題がある場合もあります。

その点から考えると、1km程度が一番おすすめです。

それでは、続いて距離が近いことによるメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

なぜ1kmがおすすめなのか、分かっていただけると思います。

<メリット>

もっとも考えられるメリットは、距離が近いため登下校にかかる時間が短縮されるということ。

これは多くの方が考える事かと思います。

他にも、学校が近くにあるため親が安心して学校に送り出すことができるということ。

距離が遠くなればなるほど、事故の心配なども増えてしまいます。

また、登下校に時間がかからないため朝学校に行くまでの時間に余裕ができ、家族とのコミュニケーションの時間が増えるというのもメリットとして考えられるでしょう。

家族とのコミュニケーションが最近少ない…という方は朝の時間を作るだけでも改善される場合もあるのです。

マイホームと小学校は近い方がいいのか②デメリット


一方、学校までの距離が近いとどのようなデメリットが生じるのかご紹介します。

<デメリット>

学校が近いため、チャイムの音が聞こえてくるというのがもっとも大きいデメリットではないでしょうか。

お昼だけとはいえ、気になる方は気になってしまうかもしれません。

また、登下校の時間になると子どもたちが家の前を通るというのも気になる場合もあります。

まとめ


マイホームと小学校の距離は近い方がいいのか、ということについてご紹介しました。

デメリットと比べてメリットの方が大きく、小学校までの距離は近い方が良いと考える人が多いのではないでしょうか。

マイホームを購入する場合には今回ご紹介した小学校までの距離なども参考にしてみてくださいね。

株式会社リノ・エステートは、福岡市城南区エリアで一戸建て住宅などの売買物件を多数取り扱っております。

 

住宅ローンなどでお悩みの方は、お気軽にご相談ください


≪ 前へ|マイホームに子ども部屋は必要?広さはどれくらいがいいの?   記事一覧   早良区で子どもと一緒に楽しめる施設!福岡タワーの営業時間と展望!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 商品券プレゼント
  • 住宅購入サポートキャンペーン
  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    リノ・エステート
    • 〒814-0144
    • 福岡県福岡市城南区梅林5丁目21-38
    • TEL/092-980-1868
    • FAX/092-980-1899
    • 福岡県知事 (1) 第18907号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る